東京新橋虎ノ門のEストアーではプログラマー・エンジニア・営業・マーケティング・デザイナー等中途新卒問わず意思ある人材を募集中です。

ENTRY

東京新橋虎ノ門のEストアーではプログラマー・エンジニア・営業・マーケティング・デザイナー等中途新卒問わず意思ある人材を募集中です。

サイトマップ

Eストアーを知る

  • TOP
  • Eストアーを知る

slogan

日本中を
ウェブショップだらけにしたい

ECサイト構築・ネット通販総合支援のEストアー

1999年2月。まだ楽天市場の出店者が100店舗にも及ばない頃、
「日本中をウェブショップだらけにしたい」というスローガンを掲げて当社は始まりました。

形は「ウェブショップだらけ」になった近年ですが、中身を伴うのはこれからです。
リアルもネットも、今後10年ほどかけて3つの商業スタイルに極化すると予測しています。
1つめはコンビニスタイル。低価格で速配が求められ、総合品を扱うごく少数の強大が担います。
2つめはイベントスタイルで、モノ軸ではなくコト軸が中心の商業です。
そして3つめこそが、当社が創業から支援の軸としている「専門店スタイル」です。

競争が中心にならない専門店スタイルの店舗は、今後もますます増えていくことでしょう。
Eストアーはこれまでも、これからも、時代や社会と共に変化しながら進んでまいります。

Eストアーの考える“これからのEC”

「安心・安全・信頼」時代

国際的に「情報を守る」流れが加速しています。あらゆる情報は管理され、大手企業であっても個人情報の流出・使い過ぎは大問題となります。
ユーザー心理に向き合い、以前に流行った煽りや騙しを使った購買促進は、今後どんどん敬遠されていくと考えられます。

自社ECは「三河屋さん経営」

大量のメルマガや広告だらけの状況に、事業者も消費者も疲弊しているのではないでしょうか。
顧客の嗜好や生活を理解し、体温のあるご案内をする心地よい「三河屋さん」のような経営こそが、限界に達したレッドオーシャンから勝ち抜ける最大の施策です。

お客様の笑顔に繋がる
親密で心地良い“心のこもった接客”

を大切に考えています。

Eストアーで大切にされている価値観

創業からのべ1兆円以上の流通を生み出すEストアーの現場では、
毎時、毎分、毎秒と、活きたお金が常に動いています。
常識にとらわれずこれからのECを切り開くために、
働く方にも高いハードルを含めて“好き”と言えるエネルギーを期待しています。

「やりたい」「やってやる!」という気概

問題にぶつかったとき、「これ以上できない」と考えた時点で足は止まってしまいます。
「出来るかも」と考えれば実現の可能性に1歩近づけるので、
気概を持つ方のほうが積み重ねで活躍の機会を増やしています。

「平等」ではなく「公平」な評価

全体の平均をとる「平等」ではなく、成果が高ければきちんと評価される
「公平」を重要と考えています。それは逆の場合も同様です。
顧客に価値を提供する、その事に打ち込む意思があれば、経験や年齢は関係ありません。

大きく変わりたいから「大変」を好む

未開の地に進むとき、地図も無くトラブルの可能性もあるなか、率先して先陣を切る意思や、
自分を磨く努力も必要となります。
「デジタルマーケティング」にワクワクし、
その道のトップアスリートになりたい方は、幸せになれる組織であることをお約束します。

インターネットがもたらす影響で、情報の多様化が広がり、
今まで力が持てなかった個人レベルの情報や意見も主導権を握れるようになりました。
例えば、小さな会社で小ロットの商品でも、「心と品質」で売れる時代となったのです。
Eストアーは、ウェブショップだからこそ日本中を幸せにできると考えています。
私たちの考える「ECの未来」を、一緒に目指せる仲間を募集しています。

TOPへ戻る