東京新橋虎ノ門のEストアーではプログラマー・エンジニア・営業・マーケティング・デザイナー等中途新卒問わず意思ある人材を募集中です。

ENTRY

東京新橋虎ノ門のEストアーではプログラマー・エンジニア・営業・マーケティング・デザイナー等中途新卒問わず意思ある人材を募集中です。

サイトマップ

社員インタビュー

エンジニアとしてのこだわりを
優先できる刺激的な
開発環境に大満足です。

システムエンジニア2016年/中途

自ら使う技術を選べる

ITエンジニアと一口に言っても、技術への関わり方は千差万別。そのことをEストアーに転職してきて、私は身をもって感じました。

前職は、クライアントの情報システム開発を行うSI企業のSEです。
当時はクライアントからの受託開発ですから、渡されるRFP(提案依頼書)に基づいて開発を進めます。
それがEストアーに入社すると、自社の新規サービス開発のチームに配属されたこともあり、「何をつくるか」、「どうつくるか」は、自分たちで決めていくのです。

例えば、入社早々に携わった、簡単に高度なメールマーケティングを実現する「Eストアークエリー」の開発。
このEC運営を強力にサポートするツールの出発点は、「ECを運営するお客様の成功をサポートするにはどんなツールが必要か」でした。

大まかな方向性は代表の石村から示されましたが、そこからは石村とメンバー全員でミーティングを重ね、具体的に実現する内容を固めていきました。それが明確になってくると、今度は「どうつくるか」です。

私たちは技術選定を行い、フロント側のJavaScriptのライブラリとしてReactを、サーバーサイドのJavaScript実行環境としてNodeを採用しました。
いずれも初チャレンジの技術であり、まずはその習得から始める必要がありましたが、構想したリッチな機能の実現に不可欠と判断したのです。
また、それはエンジニアとして腕を磨けるチャンスでもあるという、2重の意義がありました。

このように、細かく指図されることなく開発内容やスケジュールを自ら決めていくのですから、責任を持ってやり抜かなければなりません。
プレッシャーは多少ありますが、自分たちの作品をつくるような高揚感は、他ではなかなか味わえないはずです。

マニアのこだわりが息づくチーム

どの技術を使っていくかまで決められるのですから、先端ITシーンに広くアンテナを張って、最新の技術動向をウオッチしていなければなりません。
しかしそれは、技術が好きなら自然にできることです。

特に私のチームは、みんなが技術マニア。日頃からエンジニア向けのサイトやネット上のフォーラムから得た情報を交換し合うなど、ITのトレンドには敏感。
その上、それぞれが一つや二つ、深掘りした得意な技術領域を持ち、仕事仲間として尊敬しあえる関係です。

このように、エンジニアが自分の感性を頼りに活躍できる。それがEストアーから次々とECの新しいサービスが生まれる、一つの理由と言えるのではないでしょうか。

TOPへ戻る